2008年2月17日日曜日

効果的な英語学習

英語は今後常識となる。
こんな一言を人事のおえらい方がおっしゃっていた。
もはや英語の重要性を意識しない人の方が少ないのかもしれないなと自分は思います。
エリート=英語ぺらぺら  っていう方程式が頭に浮かぶのはもう古い価値観だろうか(笑)
しかし、きょうび、ビジネスシーンにおいて英語が使われる場面が増えているのは確か。

では。

効率的、効果的の二拍子がそってかつ、成果がすぐに見える学習法とは何か???


と探す人も多い。(自分もその一人)

でも語学はセンスもあるだろうけど、継続がものをいう分野のように思う。

TOEICの点数がお世辞にも高いとはいえない自分ですが(700点台・・・)

英語が大嫌いで高校時代全く勉強しなかった自分が、大学に入ってから一応この点数まで英語力を
高めることができたその過程の試行錯誤の上で、これはよかった勉強法を紹介したいと思います。

1.最初にやったのが徹底的な英語文法のやり直し。
コレに関しては、ふと書店で手に取った参考書が効果絶大たった。心底お勧めの品である。

安河内の英語をはじめからていねいに (上) (東進ブックス―名人の授業)

安河内の英語をはじめからていねいに (下) (東進ブックス―名人の授業)

この参考書は逸脱。英語の文法をここまでやさしく噛み砕き、理解を促してくれるのかと目から鱗です。
この本と出合わなければ、英語嫌いは一生治らなかったかもしれません。

2.NHKの英語シリーズを見る。
ベタかもしれませんが効果は絶大。非常に分かりやすく、そして面白く番組を構成しているので
継続して見続ければ、徐々に力が蓄えられていきます。
特によかったのは、

NHK テレビ新感覚☆わかる使える英文法 2007年 04月号 [雑誌]
このシリーズは英文法の痒いところに手が届くような爽快感を味わえるほど、今まであやふやだった
知識を補ってくれます。

3.ひたすら海外ドラマ。
生きた英語のフレーズを聞いて、耳に残す。そしてできれば実際に使ってみる。
これは聞いた話ですが、英語力のかなり高い人がどうやってそこまで英語できるようになったの?
と聞いた時、家では英語のドラマを流しっぱなしにしている。それがよかったと答えたそうです。

決してすべて真剣に見るのではなく、耳で英語を聞いておく。ふと気になるフレーズが頭に
飛び込んできたときは、リピートしてみたり、英語字幕で文法を確かめたりして、英語力を高めた
そうです。これは普段から英語に接するという意味でも役立つ勉強法かもしれません。

ちなみにですが私が今までに見た海外ドラマは、

  1. 24(シーズンⅠ~Ⅴ)
  2. プリズンブレイク(シーズンⅠ~Ⅱ)
  3. グレイズアナトミー(シーズンⅠ~Ⅱ)
  4. トゥルーコーリング
  5. フルハウス(最新シーズン以外全部)
  6. デスパレートな妻たち(シーズンⅠ)
結構見てます(笑)

4.雑誌を見るようにする。
英語の雑誌(英語でしゃべらないとやAERA English)等を定期的に読んでいます。

5、発音の勉強。
これListening対策に効果的。読めない英語は聞き取れないと、どの英語の達人もおっしゃっています。
そこでお勧めなのが、
英語耳 発音ができるとリスニングができる

著者の体験談もちりばめられていて楽しみながら発音が学べます。

(番外)TOEICについても私には師匠がいます。

TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】

このキム師匠の参考書をやって望んだスコアは100点以上がりました。
(ちなみにこの参考書を薦めた友人二人も100点以上アップしました。すげw)
師匠の参考書はすべてのシリーズお勧めです。短期間で点数が必要な方は是非手にとって
みてください。


以上。出し惜しみさく、ノウハウを発信してみました。
このどれか一つでも皆さんの英語力向上に役立てば、非常にうれしく思います。

また、こんな勉強法、本がいいよというお勧めありましたら是非教えてください。

(ノウハウ結構ベタでしたね。すみません)

1 件のコメント:

ねーやん さんのコメント...

いやースマソ、700点台で普通に「もうこれくらいでいいか」と思ってましたwww

英語ってやっぱ触れてないと忘れるから
うちも海外ドラマみたり英語の雑誌よんだりしてみまーっす☆